長期投資運用はほったらかしでも大丈夫?

長期投資運用はほったらかしでも大丈夫?

ここ最近注目が集まっている投資法にバリュー投資があります。これはアベノミクスを意識してか書店の棚にも大量のバリュー投資長期投資運用の
書籍が目立っています。一時小泉政権・野田政権の時にはそこまで盛り上がっていなかったようですがここ最近では特に目立った様子ではあります。
しかし、単純に長期投資の運用は簡単にできるのでしょうか?ある程度四季報等で確認してあとはほったらかし?それで本当に利回りが得られて
しかも、キャピタルゲインまでを求めての運用は難しい結果となる可能性があります。
ポートフォリアを自分で作り上げ分散投資を心がけて行うとしてもやがては分散投資にもならないくらい資産が目減りしてしまう現象があります。
そのためには、数か月若しくわ長くても1年単位で銘柄の入れ替えが必要となってくるでしょう?
今の時代に適した銘柄が必ず存在しますその時にもっとも効果的な銘柄を選ぶ事によりさらなるリスク分散が可能となるでしょう?
よく言われる長期投資で一生持ち続けるという方法は上手くいけば結果を残す事は可能でしょう?しかし、何もせずにただ待つという姿勢
のままであると中々解決できない問題を抱えてしまう可能性もあります。
多くの資産を持ちある程度投資に回しても問題ないという事であれば長期投資でほったらかしでも問題ないかもしれませんが、
資金をあまり待たずに待つという方法であれば一度改めて見る必要はあります。勿論個々によっての戦略があっての事にはありますが。