信用取引のメリットとデメリットについて

信用取引のメリットとデメリットについて

株式の投資方法に信用取引というものがあります。これは現金を担保にして借りたお金で投資を行う方法です。
各証券会社によって違いはありますが、松井証券では約30万円の現金を担保にすることによってはじめて行える投資方法の一つです。
信用取引にはとても大きなメリットとデメリットがあります。
まず大きなメリットは、少ない現金で多額の投資を行える点です。30万円を担保にして300万円の投資を行うことも可能です。
ということは現金のみの取引では、自分が欲しい株式の値段が3000円であった場合、手数料を省いても100株までしか購入が出来ないのに対して、
信用取引を行えば1000株でも購入出来ることになります。
もしも大きな利益を得た場合には、信用取引の最大のメリットとも言えます。
しかし同じく30万円を担保にして3000円の株式を1000株購入し、300万円を投資したとします。
結果株価が100円下落したとすると、それだけで10万円の損失を出してしまうことになるのです。
信用取引は大きな金額の投資を行うことが出来る反面、株価が下落した時の損失が大きく膨らんでしまいます。
株式投資の初心者には信用取引はとても危険な投資方法と言えるでしょう。
私は株式投資を始めて2年目ぐらいに信用取引をしてみたのですが、かなりのリスクを負ってしまったのでやめたのです。
信用取引の怖いところは、損失を取り返せると思って投資を続けてしまうところなのです。
リスクを負った時には冷静になってリスクを認めなくてはなりません。
そして一度手持ちの株を処理してから、また新たに購入するスタンスを守らなくてはリスクは膨らむばかりです。
信用取引は、メリットとデメリットをしっかりと把握して余裕資金で行う必要があるのです。